お子様を立派に育てることは貴重な財産になります。


資格を取ると貧乏になります。

今回は、 「資格を取ると貧乏になります。」 は本当かについて、
お話させて頂きます。

資格は、弁護士や会計士、司法書士など資格習得に
時間のかかるものもあれば、比較的短い時間学習するだけで
資格を得られるものまで、千差万別です。

過ちを犯しやすいのが、「資格を取れば、稼げる。」との思い込みです。

理由として、資格を持っている人が多くなり過ぎて、
仕事を獲得する為に過当競争になっていて、仕事が、
資格者に、行き渡らない状況になってきています。

資格獲得に多大な時間を費やし犠牲を払って、資格を取っても、
仕事を獲得できないのが現実です。

なので、「資格を取ると貧乏になります。」というタイトルの本が、
出版された訳ですね。

では、資格を取って、仕事を得るにはどうすればよいか。

親から譲り受けた顧客があれば、即戦力となり直ぐ稼ぐ
ことが出来ます。

企業や事務所などに勤めていて、仕事上資格が、
必要な場合は、即役に立つでしょう。

あるいは、交友関係、仕事関係などで、人脈が豊富な方が、
資格を取ると、早く収益を上げることが出来ます。

資格を取った後に、稼ぐ為には、交友関係や人脈など、
集客能力が大切になります。

子供を勉強ばかりさせて育てると、資格は取れても、
営業能力が無く仕事が取れなく貧乏することになりかねません。

子供に、勉強をさせ、よい学校へ行かせようと、教育熱心な
親が多くいます。

それは、それで、よいことですが、とても大切なことであります。
学業の成績ばかりに捕らわれて、肝心要の社交性の教育を
疎かにしている親御さんを、しばしば、見受けます。

勉強をしただけでは、稼げるようにはならない時代なのです。

稼ぐ為には、人間関係がスムースに出来る社交性が、
とても重要になります。

学校を卒業し、社会人になった場合は、仕事を得る為に社交性が、
とても、重要になってきます。

人に信頼されることで、集客力がアップし、収益に繋がりますし、
サラリーマンとしての職場も楽しくなり、長続きします。

社交性が、無いとサラリーマンも勤まらなくなります。

社交性は、簡単に、身に付くものではありません。

大人になってから、人間関係を学んでも、遅すぎる
場合があります。

子供の幼い時期から、人間関係を育んで行きたいものです。

子育てでは、物心が付き始めるぐらいから、社交性を育むように、
子育てしていくことが大切です。

しかし、子供には、生まれ持った、素質がありますので、
社交性がないお子さんは、無理をせず気長に見てあげて下さい。

そして、長所を見つけ出し、長所を引き出すように、
育てたほうがよいかと思います。

本人に合わない無理な、教育はしない方がよいかと思います。

幼少のときから、よく観察すると、社交的なお子さんか
そうでないかが、分かります。

社交的出ないお子さんは、素養を伸ばしてあげましょう。

先ず、人から信頼され責任感が持てるよう教育をすることです。

参考文献

資格を取ると貧乏になります。

========================================================

■お勧めの一冊

親として大切なこと

========================================================

■質問・お問い合わせを受け付けています。

質問・お問い合わせ

■バックナンバーは

バックナンバー

■メルマガ登録解除は

メルマガ登録解除

■すべての著作権は編集人にあります。

■無断での転載転用をお断りします。

========================================================


2017年04月05日 | Category:教育指導支援Keiosys

コメント

コメントはまだありません

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

ホーム画面へ戻る

累計 本日 昨日