ようこそ起業塾へ  


起業への心構え

一生懸命努力しているが、収入が伴わない方
サラリーマンは、主に、与えられた仕事を無難にこなせば良いところがあります。

しかし、起業は、起業家が、自らが、仕事を持ってくる仕事を作る必要が
あります。
よって、起業家の努力次第で、成果が大きく異なってきますので、
やり甲斐がもてます。 学生のように、お金を儲ける事を考えず、学校で勉強課題を与えられるのを

待つかのように、同じように同じ仕事をやり続けても、会社は発展しません。

学生は、お人好しでも、勉強していれば、良い成績は取れますが、起業は、

お人好しでは、発展は難しくなります。

起業家に一番大切なのは、如何に儲けるかにかかってきます。

学校では、金の儲け方は教えません。

学校教育の延長で起業すると失敗します。

お金を全面に出しての、起業も、当然うまくいきません。

人を喜ばして、人に役立てて、社会貢献が出来て、始めて儲けることが

出来るのです。

なので、起業家は、人から好かれ社交的な事が大切になります。

勿論、人から好かれ社交的であっても、お金の勘定が出来なければ、

起業家には向きません。

起業することで、成功する人の多くは、何度か失敗したり、金銭的に

困窮した経験をしている場合が多いです。

失敗の経験の少ない人は、失敗を恐れるあまり、行動を起こせない人が

います。

行動を、起こさなければ、前進しません。

お金に、困ったことの無い人には、お金の必要性を感じない人がいます。

お金の必要性を感じなければ、事業の成功はあり得ません。

事業で成功した人の中には、金銭的に困窮し、お金の必要性を実感

した人も多いのです。

ですから、それが、原動力となり、事業の厳しさにも絶えて、成功した

のです。

応援ポッチット御願いします。

アフィリエイト ブログランキングへ

20120805-modoru2.gif 20120805-home1.gif


2012年04月21日 | Category:起業への心構えKeiosys

コメント

コメントはまだありません

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

ホーム画面へ戻る

累計 本日 昨日