[健 康]


チョコレートは健康によいと言われています。

「チョコレート」のポリフェノールは血圧降下や脳梗塞や心筋梗塞の改善や予防に役立つといわれています。



 心臓や脳など血管系の疾患を持つ人を対象に、


通常の治療と並行して嗜好品を組み合わせることで病気の進行を防ぎ、

治療のアシストを狙うのが目的の外来だ。




 他にも、くるみ、青魚、にんにく、玉ねぎ、そば、ほうれん草、アーモンドなど、

効果があります。

葉酸を含んだ、お茶の葉などに多く含まれています。

チョコレートは、糖分が多くカロリーも高いので、取り過ぎには注意しましょう。




 チョコレートを食べることで善玉コレステロールの値が上昇し、

一方で酸化ストレスが減るなど、動脈硬化予防に役立つことが認められたという。




これらはチョコレートに含まれるカカオポリフェノールの働きによるものと考えられる。

著者の担当する嗜好品外来では、こうしたエビデンスに基づいた嗜好品を摂取することで、

治療や予防効果を高める取り組みをしている。




 悪玉コレステロールと血糖値が高かった75歳の女性は、

それまで服用していた降圧剤に加えてチョコレートを食べるようにしたところ、

悪玉コレステロールと血糖値は降下。血圧も安定して以前より弱い薬に変えることができたという。




注目すべきは血管年齢で、以前は「70代半ば」だったのが、

チョコレートを半年にわたって毎日食べたあとは「60代半ば」と、10歳も若返っていたこと。




 同様のことは55歳の女性患者でも見られ、

チョコレート摂取開始前は「70代前半」だった血管年齢が、

半年後には「40代後半」まで若返っていたという。




 もちろん、病気の人がチョコレートを食べれば自動的に治るわけではないし、

チョコレートもカカオや脂肪、糖質の含有量によって予防効果は異なる。食べ過ぎは禁物だ。












 ■世界で報告されているチョコレートの有効性
 □血圧降下(高血圧改善)
 □コレステロール改善(悪玉を下げて善玉を高める)
 □糖代謝能の改善(血糖値の安定)
 □血管年齢の若返り(動脈硬化予防)
 □便秘の改善
 □美肌効果
 □白内障予防…ほか


 ■世界で報告されているチョコレートの有効性
 □血圧降下(高血圧改善)
 □コレステロール改善(悪玉を下げて善玉を高める)
 □糖代謝能の改善(血糖値の安定)
 □血管年齢の若返り(動脈硬化予防)
 □便秘の改善
 □美肌効果
 □白内障予防…ほか




2018年03月11日 | Category:趣味趣向Keiosys

コメント

コメントはまだありません

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

ホーム画面へ戻る

累計 本日 昨日