小資本で、どなたでも出来るエアコン洗浄

エアコン暖房の効果的な使い方

エアコン暖房は上だけ暖かくなり下が寒いとか、
余り暖かくならないとか、よく耳にします。

エアコン暖房を効果的に使う4つの方法をご紹介します。 ■エアコン暖房を効果的に使う4つの方法

1)部屋の上の空気を下に循環させる。

  エアコンの送風を強くしてルーパー(風向板)を下向きにして、
  暖かい風を下方向に送り込みます。
  これだけでも、部屋は暖まります。

更に、別途サーキュレータをエアコンの反対側の壁の方の下に
  用意し、フアンを上方向に向け、部屋の下の空気を上方向に
  送風すると、部屋の空気が循環して、
  より暖房効果が上がります。

*部屋にエアコンとサーキュレータを使って、空気を循環させている循環図を作成する。wordで作成する。

  シャープ製の加湿器は、サーキュレータとしても使えます。
  

  安い価格の外国製サーキュレーターは、故障が多いので、
  安心出来る丈夫な日本製をご紹介します。

  

ずは「サーキュレータのイラスト」などで検索、PXTAで売っている  
PXTAに登録してある
 
2)部屋を加湿する

  エアコン暖房は、部屋がとても乾燥します。
  乾燥すると寒く感じます。

  加湿器を別途用意して、部屋を潤わすと、とても暖かく感じます。
  加湿付きのエアコンよりも、専用の加湿器を使った方が、
  より効果があります。

  室内の温度と湿度の適正な管理は、健康管理にもなります。

  エアコンの大きさや室内の広さによって違いますが、
  暖房時の設定温度を1℃低くすると、約10%の消費電力の削減になると
言われているので、節電を考えますと室温は20℃ぐらいで、
湿度は50%~60%ぐらいが良いかと思います。

  湿度を高くし過ぎますと窓や壁に露が付き、カビが生えやすくなり
  健康上良くありませんので、注意が必要です。

  エアコンを20℃に設定して、時間が経っても部屋の温度が
  20℃に達しない場合は、部屋の断熱が悪いか、エアコンの能力が小さいか、
  或いはエアコンの内部汚れているか、ガス抜けなどが考えられます。

  湿度は60%になると、窓等に露が付くことがあります。
  断熱処理を施すことで露結を防ぐことが出来ます。
  
  *断熱処理に付いては 4)の項目を参照してください。
  
お勧め、温度・湿度を管理して健康管理 
エンペックス気象計 温度湿度計 高精度ユニバーサルデザイン 壁掛け用 
安心できる日本製です。

    


安い加湿器は、湿度の調整が来ないことが多いので、
多機能で細かい調整が出来るものが良いです。

加湿のし過ぎは、カビの発生の元になり、部屋の部材を痛め体に良くありません。
加湿器を適度に調整して、健康に役立てて下さい。
安い外国製は、使いかってや、故障が心配です。安心出来る日本のメーカの製品です。
シャープ加湿器 HV-F70-W多機能で細かい調整が出来ます。
  

3)エアコン内部を綺麗にする

  エアコン内部が汚れていると、エアコンの効きが悪くなります。
  子供が部屋で遊びまわっている、人の出入りが頻繁、エアコン付けぱなしで
  頻繁に掃除したり、布団の上げ降ろしの多い部屋のエアコンは、汚れが早いので、
  年に一回はクリーニングした方が良いです。

  特に汚れが酷いのは、エアコンの前部分に付いているフィルターです。
  部屋の状況や使用頻度にもよりますが、こまめに掃除が必要です。
  フィルターは、どなたにでも、簡単に取り外せ掃除が出来ます。

  書斎のように、人の出入りが少なく掃除も頻繁でない場合は、
  数年に一回のクリーニングで大丈夫な場合が多いです。

  簡単に出来るエアコンの洗浄方法をご紹介します。
  家庭で出来るエアコン洗浄

4)部屋を外気から断熱する

  露が付く窓や壁は、熱の逃げ場所です。
  熱が逃げないように、毛布、フエルト、エアークッション等の断熱剤を貼るか
  窓ガラスを二重三十にするか、レースカーテン、断熱カーテンと
  一般の部厚いカーテンの三重カーテンにすることをお勧めします。

  更に、熱を逃がさない為には、床に、断熱用の絨毯を敷くのも効果があります。
  断熱処理することで、部屋が暖まり、窓に露も付かなくなります。
  エアコンの電気代の節約になります。

  それでも、露が付く場合は、加湿器を調整して、湿度を下げてみます。

2017年02月02日 | Category:エアコンの使い方Keiosys

コメント

コメントはまだありません

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

ホーム画面へ戻る

累計 本日 昨日