小資本で、どなたでも出来るエアコン洗浄

誰にでも出来るエアコン洗浄

エアコンは、複数台所有している家庭が多くなってきました。
複数台のエアコン洗浄をプロに依頼すると、とても高額になりますね。
痛い出費です。

そこで、各安で、しかも綺麗に、自分でエアコン洗浄が、
出来たら嬉しいですよね。
そこで、個人で、しかも格安で、出来るエアコン洗浄方法をご紹介します。

そこで、今、はやりの市販のエアコンスプレー缶を使った洗浄方法です。

しかし、エアコンスプレー缶の洗浄は、問題が多いのです。

エアコン洗浄スプレー缶とは洗剤を使っています。

市販のエアコン洗浄スプレーは、使用後、洗浄液の一部が
汚れと一緒に内部に、流れ落ちずに残ってしまいます。

その残った洗浄液の付いた汚れが、問題を引き起こすのです。

エアコンを使っていると、内部に残った洗浄液を含んだ汚れに、
空気中の汚れが付着していくんですね。
汚れが、フィンを目詰まりさせ、エアコンの効きを悪くさせ、
悪臭を放つ様になるのです。

更に、洗剤まみれのホコリなどがドレンパンに溜まりヘドロ状になり、
排水ホースを詰まらせてしまうことが多いです。
洗浄スプレー缶の使用では、濯ぐための水量が少なすぎる為に、
様々な問題が起こるのです。

結論は、エアコンスプレー缶だけでの洗浄は止めて下さい。

それでは、専門業者に頼まざるを得ませんね。

でも、心配は入りません。

エアコンスプレー缶の洗浄の問題の解決方法があります。

それは、洗浄液をスプレーしたときに、水を良く流し込み濯ぐことで
問題は解消されるのです。


エアコン洗浄プロが使う高圧洗浄機は、高価ですし、
養生の問題や、電子部品の破損などで、素人には扱いが難しいです。

スチームクリーナという手も有りますが、水量が少なすぎるので、
すすぎには向きません。

しかも、高温の蒸気を噴出しますので、電子部品を傷める恐れもありますので、
お勧めは出来ません。

でも、よい解決策があります。

それは、園芸用のスプレーで、よく濯ぐことです。

エアコンスプレー缶に園芸用のスプレーを追加するだけです。

しかも、園芸用のスプレーは価格が安く、しかも、何度でも使えます。

園芸用のスプレーを使って、エアコンを洗浄する専門業者がいるほどです。



園芸用のスプレーを使って、エアコン洗浄のやり方

用意する道具

 養生テープ、
パイオラン養生用粘着テープ Y-09-GR
   


ガムテープ





エアコン洗浄スプレー、



養生シート、

KOWA 布ポリマスカー550mm×25m

 ブルーシート、KOWA 布ポリマスカー550mm×25m





雑巾、
ゴミ袋、
サッシブラシ、
歯ブラシ、

 

園芸用のスプレー


マルハチ ダリヤ 全自動マイスター ロングノズル 2L (蓄圧式) 2260
一回吐出量:3.5cc
内容量:2L
中国製

特徴:価格が安いです。
   水量が少ないので、すすぎに時間が掛かり、良くすすげない。
   噴霧圧が弱いので、養生が、簡単で済みます。


マルハチ ダリヤ 全自動マイスター ロングノズル 2L (蓄圧式) 2260



フルプラ ダイヤスプレー NO.7400
フルプラホームページ

http://www.furupla.co.jp/

4L用
必要圧力約500kPa(5kgf/c㎡)以上になるとエアーが逃げて安全な自動安全弁装置。
日本製

特徴:マルハチ ダリヤ 噴霧器よりは高価になりますが、
   噴出量と圧力とも高くなります。
   マルハチ ダリヤ噴霧器より、養生に気を遣う必要が多少多くなります。
   日本製でしっかり出来ていて、部品一つでも取り寄せできます。

フルプラ ダイヤスプレー NO.7400




園芸用噴霧器を使ったエアコン洗浄の仕方。


1.エアコンの電源コンセントを抜きます。

2.エアコンの化粧カバーを取り外します。

3.養生をします。
  ゴミ袋の長い方を切って、エアコン本体の下にガムテープで貼り付けます。
  ここのところをしっかり貼り付けておかないと、コミ袋に汚水の重みで、
  外れることがあります。
洗剤をスプレーする前に、十分に汚れを除去します。

4.サッシブラシなどで、フィン(アルミの熱交換機)や送風口などの埃を払い、
  掃除機で吸引して置きます。
  サッシブラシで、アルミフィンの目に沿って縦に、ブラシがけをします。
  掃除機の先端にブラシのアタッチメントをつけて埃を吸い取ります。
  フインに吸い込み口のブラシ部分を軽く当てて下さい。
  強く当てると、アルミフィンが潰れます。
  アルミフィンの掃除は、埃や汚れが内部に入り込まないように、
  外に掻き出すようにしてブラッシングして下さい。

  送風口を掃除します。
  送風ファンを指で押さえてゆっくりと回転させながら、
  シロッコファンをブラシ掛けをして、埃を払います。
  送風口を、歯ブラシなどで、汚れを落とします。

汚れが十分に除去できたら。

5.エアコンスプレー缶でアルミフインにスプレーします。
 シロッコファンと送風口にもスプレーします。
 10分ぐらいおいてから、アルミフィン、シロッコファン、送風口を
 ブラッシングします。

 エアコンスプレー
 

6.園芸ポンプで十分に、水をフィンに掛け汚れを洗い落とします。
  同じように、シロッコファンと送風口を園芸ポンプで水洗いをします。
 この場合、十分に水を噴霧して濯いで下さい。

 *注意、 アルミフインなど汚れが酷い場合は、その汚れが、
 エアコンの排水口やドレンホースを詰まらせることがあり、
 水漏れの原因になりますので、ドレンホースクリーナで、ドレンホース
 をクリーニングして下さい。




 良く水を拭き取れば完了です。

 自己責任で行って下さい。

2013年08月24日 | Category:エアコン洗浄Keiosys

コメント

コメントはまだありません

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

ホーム画面へ戻る

累計 本日 昨日