歯周病とは?
 
痛みが出ることがほとんどなく、気づかないうちに進行する歯の病気が「歯周病」です。
歯周病が悪化すると、歯が抜落ちます。
 
日本人が歯を失う原因の第一位になっています。
 
日本人の半数、30歳以上の80%がかかっていると言われています。
 
歯周病をほっとくと、歯周病菌が血管に入り、全身にまわるなどして、
糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などを悪化させる要因になること、
そして肺炎や、女性の早産・低体重児出産の原因になることがあります。
 
それには、早めの、歯周病対策が必要です。
 
 
歯周病は完治するのが、なかなか難しい病です。
 
理想的には、歯周病になる前からの予防が大切になります。
 
 
20代の70%、
30代の80%、
60代の90%、
 
の方が歯周病と言われています。
 
軽い歯周病の場合は、殆ど、自覚がありません。
 
自覚のない軽い歯周病でも、手入れが悪いと、
確実に症状は悪化していき、
最後には、歯が抜け落ちます。
 
歯周病でアルツハイマーになることがあります。
 
アルツハイマー、歯周病で悪化 マウス実験で判明
 
歯周病と糖尿病とアルツハイマーの関係
 
歯周病になると、血糖値が上がり糖尿病になりやすくなります。
糖尿病になると、歯周病が悪化します。
歯周病はアルツハイマーを引き起こします。糖尿病もまた、
アルツハイマーを引き起こします。  
 
糖尿病患者、予備軍はアルツハイマー病のリスクが4.6倍
 
●歯周病が全身に及ぼす影響
 
歯周病は、ほっとくと、とても危険です。
出来るだけ早めに、歯周病の進行を止め改善することが大切です。
 
頑固な歯周病のお手入れの仕方
 
通常のブラッシングだけでは、進行を止めるのは難しいです。
 
歯ブラシだけでは、歯周病を止めることは出来ません。
 
電動歯ブラシや、超音波電動歯ブラシでも、歯周病の進行を、
止めることは、なかなか出来ません。
 
そこで、頑固な歯周病を、改善する方法は。
 
 
独自のブラシノズル 
 
 虫歯や歯周病の原因である歯垢を、強力な脈動ジェット水流
毎秒約30回で脈動する高圧水流で除去する
 
毛先が微振動して歯磨きだけでは落としきれない汚れやプラークを落とし、
ブラシ周りから出るやさしい水流できれいさっぱり洗い流します。
 
特に歯周ポケットをやさしく清掃したいときにお勧めします。 
デントレックスで歯垢を取り除くことです。 
 
歯医者泣かせとも言われています。歯周病の改善に、とても効果的です。
 
 
 
 
頑固な歯周病対策
 デントレックス使用後に
コンクールFでうがいをし、歯周病菌を死滅させることをお勧めします。